誰もが安心して
暮らせるために

日本は世界がこれまで経験したことのない「超高齢社会」を迎えています。
長生きできることは素晴らしいことですが、超高齢社会の重要な課題のひとつで老後の最大の不安が『認知症』です。

認知症』は、誰にでも起こりうる脳の病気によるもので、85歳以上になると4人のうち1人に認知症の症状があると言われており、その数は今後20年で倍増するとも予想されています。

認知症になると、いろいろな原因で脳の働きが悪くなって、さまざまな障害が起こり、生活するうえで支障が出てきて、それまでできていたことができなくなったりします。そのため、ご本人は大きな苦しみと悲しみを抱くことになり、サポートするご家族にも多大な負担がかかります。
徘徊や物忘れ

  
私たちは、認知症の方は勿論、そのご家族も含めて、その地域で穏やかに暮らせるためのお手伝いをさせていただきたいと考えております。

認知症介護のことなら

「尚生会」がサービス提供をする、認知症の方を専門とした事業所

認知症対応型
通所介護センターかさま

高齢者グループホーム
かさまグリーンハウス

認知症対応型通所介護センター
グリーンハウスひたちなか
高齢者グループホーム
グリーンハウスとちぎ
社会福祉法人
尚生会
認知症介護』への取り組み